状況知識メディア

状況知識メディアの枠組みでは,エンジニアが知識を創出し,現場のユーザからの疑問やコメントによって拡大されていく過程を,手軽な装置を使って,知識を同期・非同期の両面で支援することを目的としている.
機器の場所や部位に索引づけられた現場知識をSKQ (Spatial Knowledge Quantum)として捉える.SKQは,機器の各部位がどのようなものか,その部位を操作するためにはどのようなコツや注意があるか,といった事柄を記述している.SKQシステムは,共通のデータベースに接続されたAR(拡張現実),FVR(仮想現実)から構成されている(図1).
基盤となる技術は,リアルタイムの対象の位置推定アルゴリズム,対象表面へのメッシュ貼り付けによる表面ポインタ自動生成機能である.リアルタイムの対象の位置推定アルゴリズムは,与えられた機器の形状を示すCADデータ,CCDカメラ,傾斜計を利用する.CCDカメラ映像からのエッジ抽出で抽出された特徴とCADデータの形状データを照合して,対象となる機器とCCDカメラの姿勢関係を計算する.対象モデルに登録された線分がエッジ抽出で少なくても1つの連続したエッジとして認識されれば姿勢計算が可能であるので,他の対象が多かったり,対象の一部が他の対象に隠されていたりしても頑健な認識ができる.

図1: 状況知識メディアシステムの枠組み

参考文献

  1. Loic Merckel and Toyoaki Nishida: Change-Point Detection on the Lie Group SE(3). In: VISIGRAPP 2010, Communications in Computer and Information Science. Volume 229, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, P. Richard and J. Braz (Eds.), 2011, pages 230-245
  2. Loic Merckel and Toyoaki Nishida: Multi-Interfaces Approach to Situated Knowledge Management for Complex Instruments: First Step Toward Industrial Deployment. AI & Society Journal. Springer London, Volume 25, No. 2, pages 211-223, May 2010 (http://dx.doi.org/10.1007/s00146-009-0247-9).
  3. Loic Merckel and Toyoaki Nishida: User-friendly Texture Mapping Engine. Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers (ITE). Volume 63, No. 12, pages 1838-1846, December 2009.
  4. Loic Merckel and Toyoaki Nishida: Enabling Situated Knowledge Management for Complex Instruments by Real-time Reconstruction of Surface Coordinate System on a Mobile Device. AI & Society Journal. Springer London, Volume 24, No. 1, pages 85-95, March 2009 (http://dx.doi.org/10.1007/s00146-009-0200-y).
  5. Loic Merckel and Toyoaki Nishida: Accurate Object Recognition Using Orientation Sensor with Refinement on the Lie Group of Spatial Rigid Motions. IEICE Transactions on Information and Systems. Volume E91-D, No. 8, pages 2179-2188, August 2008.