ヒューマンエージェントインタラクションを通じた人間の選好構造の推定

人間の選好構造の形成プロセスを利用した助言エージェントの研究(図1)では,対話を通してユーザの選好構造の形成を支援することを目指している.このために,人による提案のプロセスをモデル化に取り組むとともに,ユーザの言語情報,うなずき,SCR,心電,皮膚温などからユーザの重視要因やその変化を推測して,ユーザに選好構造を動的に提案する手法を考案した.実験の結果,重視度の大きな変化が確認でき,重視度の推測結果,提案の満足度等のほとんどの項目において統計的に有意によい結果が得られた.今後の研究でこれらの成果をエージェントに実装することをめざす.
関連研究

図1: 人間の選好構造の形成プロセスを利用した助言生成の研究