2012年10月のtweets (saved by twtr2src)

2012年9月のtweets ← [twilog] → 2012年11月のtweets

Wed, Oct 31

  • 09:25 ありがとうございました.コンペであれば何でもいいという事はなく,結果はどのようにコンペをデザインするかに依存するという事でしょうね.コンペのデザインの仕方について学会などで議論すると面白いと思います.
  • 09:24 RT @shima__shima: 推薦システムでは Netflix 社のコンペである予測誤差指標についての精度は上がったけど『よい推薦』という意味では (´ε`;)ウーン… というものになってしまい,勝敗の設定が難しいね http://t.co/8JgXhCJB などとパネルで
  • 07:55 コンペは技術の進化を加速する / Meet the Amazing Robots That Will Compete in the DARPA Robotics Challengehttp://t.co/poUm8Glg via @IEEESpectrum
  • 07:48 多くの研究者が参入できるようになった。 RT @nikkeibpITpro: 第9回 Kinectをロボットのセンサに、Microsoftが対応環境を投入(振る舞いで操作、離陸するナチュラルUI) http://t.co/lZR9Rhn6 #itprojp

Tue, Oct 30

  • 11:53 広まってほしい RT @nhk_news: 日本の成人の5人に1人が糖尿病かその“予備軍”と推計されています。しかし初期は自覚症状がなく気づかぬ人も。こうしたなか、薬局を訪れた客に無料で糖尿病の簡易検査を行う取り組みが始まりました。…http://t.co/VENYU8v6
  • 11:05 かつて東海岸を襲った最大のハリケーンらしい. RT @wired: Hurricane Sandy looks even more intense from space.http://t.co/idOUU8mm
  • 10:51 NY大災害 RT @bbcworld: “Lower Manhattan is being covered by seawater.” – NY State director of operations @hglaser1.http://t.co/cnMjqINN
  • 10:47 AI未来予測. RT @forbestech: U.S. Army Sponsored Artificial Intelligence Surveillance System Attempts to Predict The Futurehttp://t.co/h6JvcHN7
  • 10:33 お絵描きアプリ.本などの挿絵(ただし,ドラフトレベルまで)にはどれがいいだろう? http://t.co/lXORZ03g

Sun, Oct 28

  • 02:52 利用シーンがわかりやすい. 「Motorola Solutions のヘッドセットコンピュータHC1」 http://t.co/HEoFSSO8

Sat, Oct 27

  • 04:06 MMLAでは,クラシックな情報環境でのlearningを想定している.しかしこれからは,e-learning.人間同士のf2fの会話とaugmented conversationにおける会話の関係に近いかも
  • 03:56 question: any theories that can account for the type of difficulties individual learners might have? (Julien Epps)
  • 03:44 問題解決だけでなく,問題を作る力や,教え方の工夫など,もっとsocialな側面にも光を当てた方がいいのではないか?その場合でも,コミュニケーションだけでなく,内容との連携が重要.
  • 03:44 MMLAは,グループ力,コミュニケーション力を見るためにはいいかもしれないが,もっと内部に立ち入ることが必要ではないか?よいコミュニケーション行動をするが問題解決の役に立たない場合 vs コミュニケーション行動は悪いが,的確な場合.
  • 03:42 問題解決の評価なら,process-basedは危ないかもしれない.例えば,イメージ力のある生徒はあまりmultimodalに検知できる行動をせず,何もしないでじっと考えるかもしれない.
  • 03:37 group math problem solvingについて,部分階の品質やヒントのみつけかた,持っているテクニックなど,もっと広角的に判定したほうがいいのではないか?
  • 03:35 ground truth scoring of problems for: time boundaries, correct solutions, student who initiated answer, dominant student in group (Oviatt)
  • 03:32 Sharon Oviatt: MMLAについての論文がTOCHIに出るらしい.ACM DLのページにはまだ現れていない. http://t.co/N0jxNFwY
  • 03:22 MMLA vs LA (Sharon Oviatt).e-learningが広がったら,clickの分析の方が,効果が出そうでもある.本質は,data-intensive assessmentのほうではないか?
  • 03:18 various social signal (e.g., social dominance) reliably extracted from data stream on the fly (Sharon Oviatt)
  • 03:14 physical activity level, communicative activity level, … lots of information simultaneously -> communication patterns (Sharon Oviatt)
  • 03:11 Sharon Oviatt: MMLA (Multi Modal Learning Analytics), rich communication modalities during learning activities.http://t.co/0cjA8Aqd
  • 02:52 autism, culturalにもapplicableだという主張. http://t.co/7sDjtsML
  • 02:48 人間の側にhigh level learning.learning by teachingという側面も出てくる. http://t.co/E8m3iOzx
  • 02:47 Teach agent / human students http://t.co/RAoWmRNq
  • 02:45 Agent learning, achievable through the use of common ground http://t.co/d9GG9D4O
  • 02:40 applying joint actions to virtual basketball http://t.co/fhj1rzLm
  • 02:39 Analytic learningをsportにおけるteachingからスタートしたのは正解だった.analytic learningのいろいろな側面を含んだ小さなセットで閉じさせることができる. http://t.co/8MnuW02y
  • 02:29 behavior/presentation/recognition/uptake as joint project components http://t.co/x6H9VDeD
  • 02:28 joint activity theoryを,mis-communicationやbuilding up communication/common groundを判定する基礎として使う. http://t.co/xuV0phVJ
  • 02:25 Divesh君:sportにおけるsignalのcreation とsharing,さらにはimproving.Clarkのtheoryをベースにする.assessmentの基礎. http://t.co/PUsCAzF2
  • 02:19 ただ,assessmentの根底にある理論構築はかなり難しいだろう.
  • 02:17 diagramやschemaが直観的な理解の表現であり,formulaやabstract representationが専門的な知識から来る表現というところか?幾何学的なパターンマッチングではなく,知識ベースのマッチングが重要.
  • 02:10 diagrammatic/schematic understanding vs abstract understanding (Marcelo Worsley)
  • 02:10 Big brother syndrome, how does it come into schools? (Paulo Blikstein)
  • 02:02 Look at argumentation, markers of expertise, measuring motivation, long-term partnership: teach what we can measure. (Paulo Blikstein)
  • 01:56 Invited talk by Paulo Blikstein (via Skype): no fundamental change in education will come w/o advances in assessment.
  • 01:22 Better understanding of human learning may improve computer learning or inform computer learning models (Marcelo Worsley)
  • 01:20 Mulatimodal learning analytic: understanding rich data stream captured in the learning environment (Marcelo Worsley)
  • 01:16 Workshop on Learning Analytic: analysis of process oriented data from the viewpoint of students in learning. http://t.co/ASH5p8bC

Fri, Oct 26

  • 08:56 今年のICMIのメインコンファレンスはこれで閉会.あとは明日のワークショップだけ. http://t.co/noPr07hD
  • 08:54 来年のICMIは2013年12月9~13日までシドニーの南(バスで25分くらい)のビーチ横のホテルで.ICCVの翌週.詳細はこちら http://t.co/bwqRjE7y
  • 08:01 Findings: … Purposefully undesirable reminders … (Yasmin B. Kafai)
  • 07:59 reminders: privacy X importance (Julie R. Williamson)
  • 07:52 focus group study. eight reminders, six modalities (Julie R. Williamson)
  • 07:51 home reminder systems, polite, direct, …? (Julie R. Williamson)
  • 07:50 Julie R. Williamson: Designing Multimodal Reminders for the Home: Pairing Content with Presentation
  • 07:45 「workshopでもpaperを発表する」(Dominik Ertl)
  • 07:43 (Yasmin B. Kafai) 題材として,ショッピングマートにおけるカートロボットを使っている.随分前(なんと15年くらい前)から,(ショッピングの手伝いをする)カートロボットが題材として面白いと言い続けてきたが,いろいろな理由で実現には至らなかった…
  • 07:36 (Dominik Ertl) 一見飛んでいるが,GUIの自動合成みたいに捉えるとある程度プロトタイピングができそうにも思える.ただし,題材に依存.
  • 07:33 dialogue-based interactive systems, automatic generation of GUIs, from task models [to] discourse-based communication model (Dominik Ertl)
  • 07:30 Dominik Ertl: Semi-Automatic Generation of Multimodal User Interfaces for Dialogue-Based Interactive Systems
  • 07:28 (Yasmin B. Kafai) 面白いトークだった.temporal behavior(時間とともに対話の構造がどう変わるか)は将来の課題.トピックとは無関係だという.
  • 07:16 離散化してe a bag of nonverbal patterns (Bag-of-NVPs)をつくる.Latent Dirichlet Allocation (LDA) modelを使う. (Yasmin B. Kafai)
  • 07:11 Group cues: speaking (turn-taking), linking, … (Yasmin B. Kafai)
  • 07:08 個人の性格はbig 5.group perceptionはperceived dominance, leadership, competence, liking (Yasmin B. Kafai)
  • 07:06 ELEA (Emergent Leadership) corpus Winter survival task (18 groups, unacquainted) (Yasmin B. Kafai
  • 07:04 research question: Group cues -> Group behavior ができるかどうか?(Yasmin B. Kafai)
  • 06:58 Dineshbabu Jayagopi: Linking Speaking and Looking Behavior Patterns with Group Composition, Perception, and Performance 最優秀論文賞の一つ.
  • 06:56 (Shogo Okada) 将来の課題:causalityまでは明らかにできない.irregular pattern of workingとstress:どっちがどっちが引き起こすのか?
  • 06:39 ワーカーのつけているICカードとRFIDから挙動を探る.カメラはシステムの検証のみに使うが,挙動推定には使わない. (Shogo Okada)
  • 06:35 PCAでwork patternとstressの関係を探る. (Shogo Okada)
  • 06:34 Shogo Okada: Analysis of the Correlation Between the Regularity of Work Behavior and Stress Indices Based on Longitudinal Behavioral Data
  • 06:17 data: fluency of turn taking (from video stream) (DH on behalf of Oriol Vinyals)
  • 06:16 stream-enhanced decision trees: random forests: robust in terms of overfitting (DH on behalf of Oriol Vinyals)
  • 06:15 stream-enhanced decision trees: basis function approach -> random forests = ensemble of decision trees (DH on behalf of Oriol Vinyals)
  • 06:12 stream-enhanced decision trees: pivot based approach: select a pivot, sort points by distance, search for a split (Oriol Vinyals)
  • 06:09 高次元のデータストリームからのパターン認識のためのfeatureの選択.decision treeアルゴリズムをベースにする.(Oriol Vinyals)
  • 06:07 Learning Models for Speaker, Addressee and Overlap Detection Models from Multimodal Streams, presented by Dan Bohus (Oriol Vinyals)

Thu, Oct 25

  • 04:34 connected play, coming up MIT press 2013 (Yasmin B. Kafai & Deborah A. Fields)
  • 04:33 patterns of participation in virtual world, discussions studying connections (Yasmin B. Kafai)
  • 04:16 Yasmin B. Kafai: Connecting Play: Understanding Multimodal Participation in Virtual Worlds.
  • 04:13 (Paulo Blikstein)のアプローチは物理教材を使ったゲーミフィケーションと言える.計測を中心にして,素材のリアリティをゆがめず,素材自体の持つ面白さを残すから,物理教育として素晴らしいだけでなく,AI全般にもとても参考になる.
  • 04:07 モデルによる挙動を実写にオーバーレイして表示する,誤差があるから動きにずれが起きる→「科学者のように感じる」という生徒の感想 (Paulo Blikstein) とても面白いトークだった.
  • 03:59 Sensing device (e.g., Gogo board)+ modeling environment (Paulo Blikstein)
  • 03:51 error is not a bad thing. epistemology of science. success in science implies realism, not reality. (Paulo Blikstein)
  • 03:49 Paulo Blikstein: Bifocal Modeling: A Study on the Learning Outcomes of Comparing Physical and Computational Models Linked in Real Time
  • 03:48 (Betsy van Dijk)において,子供がmuseumをどれだけ楽しんだは測ったかもしれないが,子供が展示物をどれだけ理解したか,あるいは,どれだけ興味を持ったかを測ったのだろうか?
  • 03:40 smileyometerとagain-again tableを使った評価.interaction版(インタラクティブゲーム) / non-interaction(オーディオガイドのようなもの)でfinal gameを除いて有意差なし.(Betsy van Dijk)
  • 03:25 Elisabeth M.A.G. van Dijk, Measuring Enjoyment of an Interactive Museum Experience. museumを子供にとって面白いところにしたいという動機に基づく試み
  • 03:10 finding: younger children may have unrealistic expectations (初めに高いfun値をつけるが,あとになるとスコアが下がるから)… (Janet C Read)
  • 02:57 子どもとコンピュータのインタラクション.エキスパートの評価,participatory evaluation, fun in interaction design, designing fun, … (Janet C Read)
  • 02:54 Janet C Read: Evaluating Artefacts with Children: Age and Technology Effects in the Reporting of Expected and Experienced Fun.
  • 02:49 Take away: lots of research needed (Alissa N. Antle)ではあるが…
  • 02:45 一般論としては,actions aid memory, perception, computation, etcだが実際に検証してみると… (Alissa N. Antle)
  • 02:40 Alissa N. Antle: Knowledge Gaps in Hands-on Tangible Interaction Research.hands-on learningのassessment.
  • 02:13 ただひたすらに真実を見せる教材が意味ある一方で,現象の背後にあるコンセプトを図式的に示すことも非常に有用だ.コンセプトと実体の間の関係を把握するところで躓くことが多いから.
  • 02:09 Poupyrev氏の講演はいろいろな面で面白く,刺激的だった.光がどう進むかを示す教材で,光がゆっくりと進む様子が表示されるシーンがあった.「光はこんなに遅くないよ」とPoupyrev氏.
  • 02:02 以上.Ivan Poupyrev氏のホームページは,http://t.co/LjA2mEng twitter: @ipoupyrev
  • 01:53 3D printed optical devices.小型にできる.人形の目に表情をprojection.3D printで複雑な物体の中に光を通す.タッチセンサとの組み合わせ.任意の形状のライトを生成できる.視覚的な情報表示は有力な情報表現.(Ivan Poupyrev)
  • 01:47 テクノロジーの対比:extrinsic: instrument=objectsを使う / intrinsic: instrument=human bodyを使う. (Ivan Poupyrev)
  • 01:43 REVEL device(signal generator)を使ってpassive deviceをtactile objectに変えることができる.ただし,common groundが必要. (Ivan Poupyrev)
  • 01:35 possible: altering human perception, Disney Tesla Touch (2010) テスラは磁束の単位 http://t.co/AuRsYreO
  • 01:29 周波数-インピーダンスプロファイル→簡単なパターン認識で触り方がわかる.アプリとしてinteractive plant(タッチに応じて音楽を奏でる人工フラワー).biologically inspired artificial flower (Ivan Poupyrev)
  • 01:25 Challenge: scaling up. Disney touch 2012.さわり方のわかるdoor knob.人間の体を媒体とする場合も.周波数ごとのインピーダンスの変化で検出. (Ivan Poupyrev)
  • 01:21 bending&touchingで滑らかなインタフェースが.Bendable phones SONY/Nokia 2001  (Ivan Poupyrev)
  • 01:17 テクノロジーの進化が端末を変えている.gimmicks http://t.co/Yfuqs3V9 も. (Ivan Poupyrev)
  • 01:14 iPadを知っている子供は普通の本はインタラクティブではないので変だと思うか? (Ivan Poupyrev)
  • 01:11 2日目は,Ivan Poupyrev (Senior Research Scientist, Walt Disney Corporation) Infusing the Physical World into User Interfaces.

Wed, Oct 24

  • 09:47 実空間の中で協調作業や教示作業がどう行われるか,また,原初的なコミュニケーションがどのように構造化され発展していくか,記号学的な観点からの考察が興味深かった.  http://t.co/to3RJT1b
  • 09:38 Goodwin先生のHPはここ http://t.co/uDXRY8zT 講演で取り上げられた話題へのより詳細なリンクもついている. RT @toyoakinishida: C. Goodwin.…示唆に富む会話分析の話.
  • 07:14 facial expressionの正確さからpersonalityを推定する. Joan-Isaac Bielら
  • 07:12 CERT (Computer Expression Analysis toolbox) from UCSDを使っている.
  • 07:08 Joan-Isaac BielらFaceTube: Predicting Personality from Facial Expressions of Emotion in Online Conversational Video.Personalityはbig 5で.
  • 07:01 automatic pain intensity detectionが可能であることを示したことがZakia Hammalらの論文の成果.
  • 06:58 PSPI (Prkachin and Solomon Pain Intensity)では,Action Unitで表現する. Int(Pain)=Int(AU4)+maxInt(AU6,AU7)+maxint(AU9,AU10)+int(AU43) (Zakia Hammal)
  • 06:47 Automatic Detection of Pain Intensity,Zakia Hammal (CMU)ら.顔表情から.データがないから問題としては難しい.
  • 06:42 mapタスクを使う.新しさはCL1(最強)~CL4(最弱)からなる4段階からなるcollaboration levelsを設けたこと.
  • 06:26 Ligia Maria Batrinca, Multimodal Recognition of Personality Traits.目標:与えられた協調タスクにおいてHuman-computer interactionからユーザのパーソナリティ(big 5)を推定する.
  • 06:07 Sidney D’Mello: Consistent but Modest,自然な情動表現をみつける.accuracyに関して,multi-modal classification>uni-modalを検証する.
  • 04:23 future work: 自動的にfeatureをグルーピングする. (Yale Song)
  • 04:21 idea: de-correlating with maximizing correlation (Yale Song)
  • 04:18 HMM<CRF<HCRF<MV-HCRF<KCCA+MV-HCRF Yale Song.ホームページからコードがダウンロードできるとのこと.
  • 04:15 multi-view HCRF (Song 2012)
  • 04:14 Kernel CCA on Audio-Visual Data (linearではとらえられないところにkernel trickで対応する)
  • 04:13 モダリティの連動.previous work: co-training, co-regularization, sparse coding, component / correlation analysis, factorization.アイデア: KCCA+MV-HCRF.
  • 04:09 午前中最後の発表は,Multimodal Human Behavior Analysis: Learning Correlation and Interaction Across Modalities.MIT CSAILとUSC ICTのコラボ.
  • 04:02 4番目は,Modeling Dominance Effects on Nonverbal Behaviors Using Granger Causality.時系列における非対称な予測確度によって定義されるGranger causalityを使っている点が面白い.
  • 03:55 質問は,それだけの非言語をみるだけで十分かどうかという点に集中. RT @toyoakinishida: respondentとhistoryから70%位outcomeが予測できるという結果. … Sunghyun Park
  • 03:53 最初の発表:Two People Walk into a Bar:は問題はよくわかった.social interactionができるsocial robotics.一人に対する場合と,二人に対する場合とで違うインタラクションをするバーテンダーロボット.だが貢献がよくわかなかった.
  • 03:50 respondentとhistoryから70%位outcomeが予測できるという結果. … Sunghyun Park
  • 03:46 proposerとrespondentの振る舞い,主として頭部と表情,そしてhistoryもannotateする.
  • 03:45 cooperative vs competitive.振る舞いが違う.head movement, self-adaptors. 3つのresearch goals.3番目は,すぐわかる結果の予測.
  • 03:41 3番目は,”I Already Know Your Answer” Sunghyun Park from ICT,USC.強力なチームから.negotiationにおける非言語表現.
  • 03:37 Lpがlast sessionのなぞについて質問.「直観は?」毎回,セッションについて説明していて最後に「これが最後のセッション」という説明が原因か?例えば,ポジティブな態度をとり,初対面の時のように形式的に締めくくりたい?
  • 03:34 6セッション(たしか1セッション/week?)のうち最後の週だけ傾向が逆転するのが謎(将来の課題).
  • 03:32 おっと,まだ,future research questionsのところだが.
  • 03:31 著者は,Daniel Schulman & Timothy Bickmore.Timはしばらく前に研究室を訪問したが,長期間病院における会話エージェントの使用の実践的な研究をしている.データに裏付けられた興味深い発表だった.
  • 03:26 more collaborative, less positive.予想される結果だが,具体的な非言語行動の変化の定量的な計測結果が報告され,興味深い.
  • 03:25 2番目のtalkなう.Changes in verbal and nonverbal conversational behavior in Long-term interaction.会話の様相が長時間でどう変わるか?数週間にわたり観察.
  • 03:22 C. Goodwin.language + gesturing body + structure of environment.熟練者が初心者に教える.tracingなどの行動…示唆に富む会話分析の話.
  • 03:18 ICMI 2012.今日からメインコンファレンス.最初の基調講演者はCharles Goodwin.The Co-operative, transformative organization of human action and knowledgeだった.

Tue, Oct 23

  • 08:36 ICMI 2012 http://t.co/316pPTRG なう.Louis-Philippe Morency議長の話では,初日で200人超の登録者があり,予定規模を超える成功.かなりの人たちがWSにも登録しているらしい.
  • 06:39 むかし試みたショッピングカートに近い.ただし,人にぶつからないようにする工夫が必要. / 後ろから自動的にとことこと付いて来るスーツケース「hop!」 – インターネットコム http://t.co/kLUbJq87 @jic_newsさんから

Sun, Oct 21

  • 14:14 Goodle Driverless car, 介護ロボットはその最たるものだ.さらには,ほしいけれどテクノロジーが遅れていて実現されないだろうと思っていた技術も出始めている.最近では,Kinect,音声認識系,手書き文字系などだ.
  • 14:13 面白いことに,自分がこうなってくれるといいなと思い,かつそのためのテクノロジーとマーケットを想像して実現可能ではないかと思っていることは意外に実現が進んでいる.
  • 14:11 現代社会では,願望が明文化され,皆が賛同すると結構叶うことが多いから,ネット上に表明された願望を追跡することで未来技術が予測できるという考えでの報告を数年前に聞いたことがある.
  • 14:10 ネット社会ではどうなっているだろうか?新しいアイデアが何らかの理由で生まれ,広がり,浸透する,あるいは淘汰されていく,あるいはより良い(あるいはより包括的な)アイデアに発展していくプロセスを調べようとする人は多いだろうと思うが,実態はどうだろうか?
  • 14:07 ネット以前の社会で,イノベーションがどう普及するかを分析したロジャースのイノベーション普及学がよく知られている.http://t.co/J0C4bwHs

Sat, Oct 20

  • そういうことはコンピュータがやってくれる今世紀は,「他者の尊重と社会貢献のマインドを基調に,間違いを恐れず新しいことや重要なことにむけて挑戦を継続し,そのプロセスの意義や面白さを他者と共有できること」が望まれる資質だ. posted at 17:50:36
  • 前世紀では,「与えられたことを間違いなく実行するための知識とスキル」は社会から嘱望された能力だったと思う. posted at 17:45:41
  • 指導要領といった全国統一マニュアル化は前世紀の負の遺産だと思う.大量生産パラダイムに基づく前世紀にはある程度効用があったことは否定しないが… posted at 17:40:53
  • それぞれのクラブの自由な創造と生徒の自由な選択とモビリティを最大限に尊重することが大事であり,統一化は誤っている. posted at17:40:14
  • 具合の悪いことをする学校(クラブ)も出てくるだろうから,生徒保護のために,学校はいつでもどこにでも移れることとし,ひどいことが行われないように一定の監視は必要だろうが,細かく規制するのではないだろう. posted at 17:36:09
  • 学校という話題に戻れば,コマーシャリズムのバイアスを避けるために公金補助はあっても,場までパブリックにしてしまわず,逆にプライベートな場としての強みをもっと発揮させるようにしたらどうだろう. posted at 17:33:30
  • 秋になると京都駅には多数の修学旅行生たちがやってくる.彼らに隊列を組ませ,行進させているツアーガイドや引率の先生たちのやっていることはまるで傍若無人,多少周囲を気遣って生徒にどなることはあっても,迷惑を受けている人に頭を下げている風景など見たことがない. posted at 17:28:07
  • むしろ,他者の気持ちを察するとか,他者を尊重するとか,社会のために尽くすとか,試行錯誤を繰り返しながら難しい問題に挑むとか,パズルやクイズを作るとか,いったスキルの方がよほど大事だ. posted at 17:23:01
  • 集団生活などどうでもよい.現代社会では,数十人が先生の言った通りに隊列を組んで行動するといったスキルや,高校レベルの教科で一定レベル以上の試験の点をとれるなどというスキルはそれほど必要でない. posted at 17:20:45
  • 生徒はあちこち渡り歩きながら自分に最もあった学校を卒業すればいい. posted at 17:17:07
  • ここでの主張は,一つの極端な例として虎の穴的な学校があってもよいが,一方で, 暇人クラブhttp://t.co/KybbXAdj 的な学校があってもよい.人間性を培い,人生を楽しみたいのであれば,後者のほうがずっといいだろう. posted at 17:15:41
  • だが,世の中のクラブがすべて「虎の穴」でなければならないとは言っていない.子供のころはすべての学校が虎の穴であるべきだと考えている大人も多かったが,それではたまらない. posted at 17:11:59
  • これまでの議論で,明確に意識しているクラブの一つのイメージは,私が少年時代に流行ったタイガーマスクに出てきた「虎の穴」http://t.co/MXISUq8Z だ. posted at 17:10:17
  • いまや国からの補助金で運営されているからパブリックであって当然だという議論もあるかもしれないが,パブリックな場での創造などあり得ない.この矛盾とどう取り組むのか? posted at 17:04:24
  • パブリックな場だから私的なルールもマナーもご法度.専門用語を飛びかわすことくらいはまだ許されているかもしれないが… posted at17:01:54
  • 大学は歴史的には初学者参加の道を備えたクラブとして位置づけられてきたのではないかと思うが,いつの間にか随分パブリックな場になってしまった. posted at 17:00:52
  • いろいろな価値観,高価値を生み出すために守るべきモラル,参加者間の無益な争いを避けるためのマナー,これらが揃ったモラルサークルがあってはじめて,参加者たちが協力して高い創造を実現できる. posted at 16:55:16
  • 創造の行われる話題ごとに価値観とモラルを一つにする人々が切磋琢磨してはじめて卓越した成果が生まれる.これを可能にするのがクラブとか結社である. posted at 16:52:24
  • 創造は参加者が皆対等だとするパブリックな場には似合わない. posted at 16:49:05
  • こういうところに高いコミュニケーション力が求められる.コミュニケーションとは,パブリックな場での戦いという側面もある. posted at16:42:54
  • パブリックな場での生活は,自分が全く正しいと思っていることと違う信念を持つ人と出会い,その信念を受け入れ,認めることの繰り返しだ.もちろん,自分の信念が理解されない,踏みにじられたと思ったら,自分の信念が理解されるよう努め,時として徹底的な戦いもしなければならない. posted at 16:39:25
  • ゆえに,パブリックな場では,あまり自分の信じていることを振り回して,他者もその規範に従うべきであるなどという態度をとる(例えば,その規範に従わない人をどなりつける)などといったことはしない方がいいだろう. posted at 16:36:02
  • 仮に自分は「ある(社会的な)ことの本来の意味を正しく知り,それに従っている」と思っていても,客観的にみると,せいぜいその人が物心ついてからそのことがこういう意味であり,皆そうだと認めていたとその人が思っているだけ,程度のことも随分ある. posted at 16:33:30
  • 理由は単純.概ね正しい日本語,概ね正しいモラル,概ね正しいマナーならまだしも,正しい日本語,正しいモラル,正しいマナーなどというものはパブリックな場で厳密に定義できないから. posted at 16:27:22
  • 普通はそんなものだろうと思っていて,相互の信念の違いを認めつつ,度が過ぎるとたしなめたりする.そういう世界で,自分こそ正しい日本語を話し,正しいモラルに従い,正しいマナーを心得ている,などというのは間違いだ. posted at 16:25:47
  • パブリックな場での我々の行動は,皆が共有していると信じている共通の言葉,モラル,マナーに自己規制されるが,信念の内容は厳密に一致しているはずはなく,細部を見るとそれぞれが信じている,言葉,モラル,マナーはずいぶん異なっている. posted at 16:23:50
  • クラブ的な場に対するパブリックな場はその構成員が平等な権利を有する場として規定される.(公)道や駅や広場など,我々がふつう自由にそこに行くことができ,そこにいる人は対等の権利を持っていると考えられている場だ. posted at 15:00:00
  • 他のクラブに自由にそして大きなコストをかけないで移ることができる,という条件を担保したうえで,学校をクラブとして規定して,その特質をもっと活用すべきだ. posted at 14:52:28
  • いまはそのようなことはない.クラブを飛び出しても,多少は不便になったとしても別に似たクラブがあり,また,頑張れば気の合う仲間たちをみつけて新たに作ることもできる.ネット社会は時空の制約をなくしたから,ヴァーチャルクラブを作るのは困難ではない. posted at 14:41:02
  • ムラを飛び出して都市に行っても人並みになるのは大層困難であり,他のムラに行っても厳しい扱いを受けるので,村八分は実質的に強烈に厳しい罰だった. posted at 14:37:29
  • うちの田舎でもそうだったが,クラブ=コミュニティ=ムラ=パブリックを意味しているときは,そんな自由はなかった. posted at 14:36:36
  • クラブの伝統に従いたくなければ,創始者や継承者たちと戦って内部から改革していってもいいし,あるいは,そのクラブを飛び出して,自分で新たなクラブをつくってもいい. posted at 14:34:34
  • クラブ創設のころからずっと積み上げられた伝統の正当な継承者(一人とは限らない)は,そのクラブにおけるしきたりや,本来の意味,マナーなどについて口うるさくいう資格があるだろうし,そのクラブにいる限りはそれに従い,あるいは,改革していくのは会員の務めだ. posted at 14:33:11
  • 先にもあげたようにクラブ的ないしは結社的なコンテキストとパブリックなコンテキストは全く異なる.クラブは私的なグループであり,独自の規律や意味や規範が存在することにむしろ意味があるといっていい. posted at 14:30:28
  • 「本来の意味」といった類の表現は,クラブ的な場であればOKだと思うが,パブリックの場で多用する人がいたら要注意. posted at 14:29:09
  • 「正しい日本語」という問題の周辺には多くの現代的で,互いに同じ根を持つ,ゆえに相互に関連する問題がたくさん存在する. posted at14:25:41
  • もちろん、そのベースの上に、ある厳格な規律を設け、それに従わない人をはじき出してしまうクラブや結社はある。しかし、現代社会ではクラブはもはや運命的ではないし、全体的でもないのでクラブからはじき出されてもそれだけのこと posted at 09:29:16
  • 日本文化は相対的で柔軟だというが、ここはとても硬くて厳格だ。正しいもの=本来のもの=を探し出して自分が従うだけでなく、他人も従うべきだと考える。多数派ができると、そちらに雪崩れる。 posted at 09:20:54
  • これは日本語にとどまらず、マナーをはじめとする社会生活全般に及んでいる。 posted at 09:16:58
  • いまの国語教育は「正しい日本語」が存在することを前提にしてそれを先生にも生徒にも強制している。入試で踏み絵を強要する。 posted at 09:14:56
  • 変わりゆくもの、ということを前提に、でどうしたらいいのか?と問うてほしい。個人レベルで、国家レベルで、 posted at 09:12:15
  • NHK深読み。これでいいのか日本語?変わりゆく日本語について。変わりゆくものであるということを前提として前向きの議論をするともっと面白いのだが。 posted at 09:09:37

Thu, Oct 18

  • 勉強というものは本来面白いものだ.面白くなくするのは学校? RT @jic_news: 勉強記録共有 SNS「Studyplus」、会員が3万人を突破、投稿数は50万超 http://t.co/yTXmOW6ahttp://t.co/7LzvoQqX posted at 11:18:10
  • 大学でのFacebook使用の法則?:若い人はパブリックな場で意見はほとんど述べない.プライベートにはたくさん会話をしていそう. posted at07:53:59
  • Facebookの法則?:助教層より,学生さんの方が反応が鋭い.写真掲載率も高い. posted at 07:52:15
  • これまで,Facebookは「友達」承認ばかりだったが,最近,大学の委員会と講義で本格的に使用し始めた. posted at 07:51:01
  • 月の誕生を巡る科学 RT @IEEESpectrum: ‥ Four research teams show how massive collisions formed our moon…and Sat…http://t.co/f0kXjB5b posted at 07:00:37
  • パノラマ写真撮影技術も進化が著しいらしい / パノラマ写真が撮れる卵型カメラ『Tamaggo』 http://t.co/yU4DbAPL@wired_jpさんから posted at 06:53:56
  • 物理的存在は独自の迫力。This is it! RT @jic_news: Google がデータセンターの写真を多数公開、ストリート ビューで見学も可能http://t.co/sHbFnpEEhttp://t.co/kyaBeA2c posted at 06:47:33

Tue, Oct 16

  • 23:58 今日は新井先生率いるnii東ロボプロジェクトチームと討論会.ブレークスルーの予感を感じた.  http://t.co/zC2lJWJd

Mon, Oct 15

  • 10:33 ユーザの行う指さし(pointing)などを認識して,会話における直示表現を「理解」する初期のシステムとしてPut-that-thereが有名. http://t.co/tQy0p6G0
  • 10:30 直示的な表現を今のSiriに求めるのは無茶というところ,「外の天気は何?」に答えられたのはびっくりした.Siriは会話の行われている状況(ネット上の情報と場所くらい)は,ある程度わかるのだ.
  • 10:28 直示.会話の行われている環境内のオブジェクトに言及する.「壁にかかっているあの絵は誰の作品ですか?」といったもの.これを理解するためには,会話の行われている状況が理解できていないといけない.
  • 10:15 照応…「昔,私の先輩に山西さんていましてね…彼は…」の「彼」.談話内で「山西さん」と同じ人物を指している.「さっきいったこと」,「ああいう」「そういう」もその類.これも対応していなさそう.
  • 10:13 やっていないとおもわれることをいくつか列挙してみよう.「韻律処理」…同じ「はい」でも,我々はピッチを変えて「(是,Yes)」,「灰」,「肺」くらいは区別しているが,Siriは見ていないのではないか?
  • 10:11 「(相手は)結構知的だな」と思って心を許してしまうと,大抵は,「ネットサーチをしましょうか?」とか,「わかりません」といった趣旨の返事が返ってきて,目を覚まさせられる.
  • 10:09 このほか,「君って賢いねえ」といった決まり文句にはそれなりの(軽妙な)受け答えをしてくれる.
  • 10:08 一番びっくりしたのは,「外の天気は?」.確か,「雨が降り始めました」といった趣旨のアウトプット.確かに昨日は昼前後から雨が降り始めてきたが,部屋の中からはよく見えなかった.
  • 10:07 空き時間に,日本語版Siri on iPad 3 (iOS 6)と遊んでみた.「今何時?」くらいの質問には正確に答えられる,「ここどこ?」にもほぼ正確(隣の家の住所を教えてくれた).
  • 10:00 一方,学習者向きの出口を考えるのであれば,インタフェースを研ぎ澄まさないとインパクトにはならない.
  • 09:55 1995年くらいからは定性推論の研究を中断したので,20年近くたって見直したことになる.見直してみると,困難がよく見える.エンジニアのワークベンチという専門家向きの出口をみると,ツール>パートナーで,Mathematica, MATLabとの差分の明確化は難しい.
  • 09:48 「見つけ出された困難」は思い付きの表現.ふつうは「将来の課題」.さらに細分すると,頑張ってみたができなかったこと,と,できると思っていて(さらには言っていて)できなかったことになる.
  • 09:46 火曜日にsemi-closed seminar(?)で定性推論について話すことになった.昔頑張った定性推論の問題意識,ビジョン,(昔)達成されたこと,見つけ出された困難を整理することが目的.自分用概要をつくってみた.   http://t.co/bThQnBFe

Sat, Oct 13

  • 19:30 どうやらアルゴが面白いらしい http://t.co/8bwD0IMv
  • 13:40 Flight of the Bumblebee http://t.co/OzBJeiwx 速い曲の代表みたい.オーケストラ,ギター,バイオリン,そして,Vladimir HorowitzやYuja Wangのピアノなど
  • 12:14 たまたまネットを見ていたら「悪魔の証明」なるものがあった.確かに困難な問題だ.  http://t.co/y4kcMGXj
  • 12:11 SNS時代を象徴する事件 / ミット・ロムニー大統領候補のTwitterフォロワーが大量に水増しされた疑惑が浮上http://t.co/dHCGzCx0 @jptechcrunchさんから

Fri, Oct 12

  • 11:46 Amazon Mechanical Turk,とても面白い仕組み.残念なことに今まで知らなかった. http://t.co/ncnSutKI
  • 10:15 実は昨年の講義TWをまとめて手を入れたもの.公示することで更新の意欲が高まる. RT @toyoakinishida: 会話情報学の話題をまとめて公表することにしました.以下に書いているように,いつまでも更新を続けたいと思います. http://t.co/F88hWpJt
  • 10:14 会話情報学の話題をまとめて公表することにしました.以下に書いているように,いつまでも更新を続けたいと思います. http://t.co/F88hWpJt

Wed, Oct 10

  • 10:18 むかし買った「アタマにくる一言へのとっさの対応術」 http://t.co/xii4KdfY は興味深い.科学的にはおもしろいが,実用的な面では「スピーチジャマー」は対極.
  • 10:14 世の中には自分のコミュニケーション力を高めることに関する本が多いが,コミュニケーション力の低い人は(自分はそうだと思っていないし,関心もないだろうから),そんな本など読むわけもない.コミュニケーション力の低い人との付き合い方のマニュアル本があればとても役に立つ.
  • 10:12 これもコミュニケーションにおける表現力の問題か…概ね,頭ごなしに命題を振りかざしてくる人はコミュニケーション力が低い.コミュニケーション力が低い人相手のコミュニケーションは難しい.
  • 10:10 「社会の常識」はどんどん変わっていくし,自分が信じているほど自明なものではないことが多い.せめて,「それは○○という理由で○○とした方がいいのではないかと思います」くらいに,自分の信念を相対化し,説明すると,同じ目標を持つ,全く違った発話行為になるのだが…
  • 10:07 観察しているところによると,つまらないいざこざが大きな争いになる原因の一つは,話者が無意識/意識的に「私は(正しいと認められている)命題に基づいて,この発話行為をしている」を前提とし,実はその命題自体がそれほど自明なものではないという事に無知であることではないかと思う.
  • 10:02 なかに1点「ここ間違ってます」.カナ漢字変換のミス,タイプミス,数式の誤りではない,解釈の問題なので,それほど自明ではない.そういうところで,「真理を背負った言い方」(この感覚わかってもらえるだろうか)をしないように自分では心がけているが他者に求めるのは無理か…
  • 09:57 雑感2:さきに, 刊行した「人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題」 http://t.co/GAaiBWWy にはいろいろ反響をいただき勉強になった.オープンアクセスの威力.
  • 09:54 座ってモバイルPCができるところもほしい(もちろん,無料の無線インターネット接続付きで).
  • 09:53 日本中の電車と駅にすべて無料の無線インターネット接続(Wifi, WiMAX)を実現すると,皆が座ろうとして通勤時間や方法が分散し,かつ,ネット上での国民知的総生産(知的GDP?)が高まるのではないか?
  • 09:50 雑感:今朝は乗車時間延べ1時間弱の通勤路で快適にPCモバイル(各停や特急ですべて座る).スマホ組には珍しくないだろうがモバイルPC組には最近になってやっと実現されたパラダイス.
  • 07:44 RT @toyoakinishida: 今朝のNHK。チェックエンターテインメント。デビューから40年をすぎて新しいチャレンジを続けて立ち止まることのないユーミン。同年生。

Sun, Oct 07

  • 17:15 錦織君,ジャパンオープン優勝おめでとう!

Sat, Oct 06

  • 18:09 Lady GagaのSpeechlessにYour Johnnie Walker Eyesで見るというところがあってどういう意味だろうと思っていたが,こういうことだった… http://t.co/71IKfN3L
  • 16:53 錦織君快挙! http://t.co/Omv81DLk
  • 12:29 ガラパゴス諸島.そこでクラス生き物たちと,そこで進化論を発想したダーウィン … 前者のほうがpeacefulな人生を送れるかもしれないが,自分は後者としての人生を全うしたい.
  • 12:27 e-Radよ,お前もガラパか…頼むから日本全体のガラパ化を推進しないでほしい.
  • 12:26 平日のオフィスアワー以外,土日にも休まず営業するのがwebシステムの特質であり,そこから離れれば離れるほどガラパWebシステムだとひそかに思っている.たとえば,午後11時で営業終了になるJR-Express予約など.
  • 12:25 ということは,JSPSのシステム自体は24時間週7日営業に近いみたいだが,e-Radを通す科研費申請システムのみe-Radの制約のため,土日午前や平日午前2時以降は使えないということのようだ.
  • 12:24 実は,今日の午前に,JSPSの海外交流事業など,科研費事業以外の申請システムにはログインを試みて成功している.
  • 12:21 ここが不親切!科研費申請システムには入れない RT @toyoakinishida: 残念,土曜日の朝は時間外らしい.朝起きは三文の損!かと思い,午後から出直そうと思ったが,科研費申請システムには入るかもしれないという期待を持たせる画面. http://t.co/CDKigwC7
  • 12:20 やはり!ログインできた!e-Radが休みのときは科研費申請できないんだ… RT @toyoakinishida: そしたらこの仕打ち! あるいは,パスワードを勘違いしているかと思いつつ,真相解明は午後へ.…  http://t.co/RxMmFr9k
  • 11:45 想定シナリオ外の出来事には失敗慣れしている人の方が頑健か?
  • 11:45 大抵のことはそのシナリオ内に入るので,タイムリーかつ(あらかじめ十分検討しているという意味で)的確に対応できる.しかし,そういうライフスタイルは想定シナリオから突然はずれるとひどいパニックに陥るというのが真相かもしれない.
  • 11:43 私をよく知る人は,慎重(居士)だと思っているかもしれない.確かに(自分で選んだ)いろいろなことを完璧にしようとする性癖があることは否めない.起き得る状況を可能な限り想定し,その場合どうするかという想定シナリオのネットワークを張り巡らせる.
  • 11:34 こうした錯誤は突如として起きる.その構造を分析した心理学の研究もあるだろう(一例を知っている).しかし,だからこそGoogle Driverless Carの一刻も早い商品化を待ち望む.
  • 11:31 あわてて左車線へ.先方は何も反応をしなかった.あまりに驚いてどうしていいか困ったのか,そんな相手に関わるとろくでもないことになると思ったのか?
  • 11:30 これも自慢ではないが,国内で道を逆走.これは40歳前後.アメリカ出張から帰ってきて田舎の2車線道を左折したら,正面から車が….逆走していると思ってクラクション+パッシングを行ったら,こちらが逆走だった.
  • 11:27 自慢じゃないが数年前に出口から入りかけた.幸い前から車は来なかったが,様子がおかしいのであわててUターンして難を逃れた. RT @nhk_news: 高速道路逆走 約7割が65歳以上 http://t.co/EdvaiII9 #nhk_news
  • 11:24 以前TWしたように,ザッカーバーグをはじめとして大学を飛び出して起業した偉人はたくさんいる.(もちろん,失敗した人はもっと多いだろう)
  • 11:23 大学をやめてでもやりたいことがあるならそれが何か話してごらん,自分で価値あると思っていることなら,大学を休んだりやめてでもチャレンジしてごらん,うまく行かなかったときには,こんなリカバーの方法があるよ,と言えとはマニュアルに書いてない.
  • 11:20 大学の学生指導だって同じだ.留年するな!,退学するな!という指導をせよと言われる.
  • 11:17 規制という考え方の背後にあるのは,「敗者になるのは忌まわしいことだ,ゆえに敗者を作らないようにしよう」というロジックだ.そこには,「よくぞチャレンジした!」と敗者を称えようという考え方が欠如している.
  • 11:11 メンタルにも勝者をたたえる一方で,敗者をいたわり再チャレンジに向けて温かく見守るシステムが必要.
  • 11:09 武宮宇宙流が実は綿密な形勢評価に支えられていたように,adventureには緻密にデザインされたsafety netが不可欠.しかしそれは規制だけではない.
  • 11:07 もっとadventurousに!もっとみんなでinnovationを楽しもう.
  • 11:04 かのウィルス病理学の大先生とのお話で浮上したことは,「日本は昔はもっとinnovativeだったはず.それがいつの間にか(全体のトーンとして)保守的になってしまったのは,神風(外圧)に何度も助けられてきたという歴史的背景によるものか?」
  • 11:00 我々に近いところでは,Google Driverless Car.自律走行車が実用化されるためには,いろいろな状況に対応できる頑健な知覚と判断力を持たせるために路上実験が不可欠だ.規制が強すぎると,研究者やイノベーターは規制のないところに流出してしまう.
  • 10:56 さるウィルス病理学の大先生との茶飲み話だが,「いまニューヨークで不明ウィルスが見つかるとたちどころにその解明が始まり,24時間で対策が打てるだろう.それが東京で起きると,国内で対策が実行できるまでに1週間はかかり,(指数関数的に広がるウィルスによって)東京は壊滅しかねない」
  • 10:54 規制が強化されると,国内で規制を超えたところにあるリスクやイノベーションにチャレンジすることが実質的にできなくなり,そのような研究は海外流出してしまうので,国内の対応力,あるいは,イノベーション力が低下する.
  • 10:48 しかし,急速に変わりゆく世界の現状を前にしたとき,そのような考え方は牧歌的であり,ガラパゴス化につながる.市民は何も考えなくなり,何もしなくなり,何かあればすべて国が悪いと賠償を求める.そのような高コスト構造はいつか破たんする.
  • 10:45 リスクが一定レベル以下でなければ認めない規制があれば,市民が何も考えなくても,何もしなくても安全が保障されるので,それ自体悪いことではない.
  • 10:39 また,動物実験や生体実験についても厳しい規制が存在する.
  • 10:39 ロボットでも(特区以外は)路上でロボットを走らせることができないとか,遠隔で診療行為をしてはいけないといった類のこと.我々のところでは,心理学実験や脳生体計測で関わってくる.
  • 10:37 種々の規制が経済ばかりでなく研究の発展を阻害しているという意識が分野横断的に存在する.
  • 10:15 そしたらこの仕打ち! あるいは,パスワードを勘違いしているかと思いつつ,真相解明は午後へ.でもこうして時間が失われる…http://t.co/dmuUMuh5
  • 10:01 こういう時は進め!と思って,次のステージへ. http://t.co/rS2KleSV
  • 09:58 残念,土曜日の朝は時間外らしい.朝起きは三文の損!かと思い,午後から出直そうと思ったが,科研費申請システムには入るかもしれないという期待を持たせる画面. http://t.co/CDKigwC7
  • 09:54 また血圧が上がったから,メモしておきたい.科研費申請を始めようと,e-Rad http://t.co/hm0Ot8yE にログインを試みた. http://t.co/rhUe6zYG
  • 09:25 CNNの討論に,教科書的なターン手キングシステムへの反例の宝庫.
  • 09:21 CNNではウェルチ氏が登場して激しいやりとりをしている.ウェルチ氏は相手(にもよるが)がターンをとって話し始めたとたん,話し始める.人間ジャマー.ふつうはしてはいけないとされるが,強力な効果.  http://t.co/qcHuDoJR
  • 09:04 しかし,身の回りには,本物をみつけたり,偽物を見破ったり,メールのやり取りだけでオフ会をするかどうか決めたりするといった現実的な問題があるので,強すぎる仮定をしてでも面白そうなソリューションがほしい.
  • 09:03 何だかPAC learnableかどうかというような話になってきたので,懐かしい響きがする. http://t.co/DxohsCDr
  • 08:04 的中率がサンプル数の増加とともに限りなく1に近づいていくソフトは現実的に実現可能?対象を限った場合は?サンプル数と的中率の関係は?…
  • 08:03 twitter bot hunterの場合,たった一つのサンプルを見ただけでtwitter botかどうかわからないだろうから,サンプルの数とともに的中率(確信度でも結構)を上げていくソフトということになるだろう.
  • 08:00 ボットハンター:少し話題はそれるが,twitter botの収集と分類を自動的に行うシステムを作っている人はいるのだろうか?twitter botを作ることも,それを見破ることも面白いAI-hard problemだと思うのだが…
  • 07:43 これは仮説だが,テキストだけのメールやTWの上にもかなり個性が表れているように思える.話題と内容,言葉遣い,タイミング,…
  • 07:41 私のシンボルとして使っている顔写真を使った偽物が現れたら知人は見破ってくれるだろうか? RT @yol_net: FacebookやTwitterの連携機能に注意 http://t.co/JFgPIpHT
  • 07:37 イノベーションはライフスタイルを変え,その影響は箱ものまで及ぶ… RT @yol_net: 三菱地所、ロボット掃除機「ルンバ」対応型モデルルーム http://t.co/G4BxNcmp

Tue, Oct 02

  • 09:12 常々、自分で作ったものや好きな人からもらったものはおいしく感じられるという仮説を持っていたので興味深かった。
  • 09:10 ストーリーが信念を変え、ついには味覚まで変える?
  • 09:10 たまたま昨日見た朝のテレビドキュメンタリーで、目の前に出された刺身は、自分が稚魚を育てて大きくした鯛だという、宿の主の話を聞いた修学旅行中学生が、それまで刺身を食べられなかったのに、急においしいといって食べ始めたシーンがあった。
  • 08:58 以前試した氷出し緑茶は評判通りでgoodだった。
  • 08:56 自家製の「干しナツメ」 ー 庭で取れたナツメを放置しておいたら干しブドウみたいになったもの ー のほうは、これが世にいう干しナツメなるものか、自分をモルモットに実験中。いまのところ、益も害も自覚なし。 http://t.co/o35gnl6b
  • 08:42 今朝の朝イチは、干しエノキ。面白そうなのでサーチしてみたらいっぱい出てきた。ためしてガッテンとか流行みたい。とりあえずメモ。http://t.co/uauTTHQ9

Mon, Oct 01

  • 23:41 AIの歩みはどうであったか,これからどう歩むべきかといったことについての議論をするときのご参考にでもなれば幸いです.批判やコメントなどあれば是非.
  • 23:40 先の記事は,過日AI Magazineからの依頼で執筆した”The Best of AI in Japan — Prologue” http://t.co/6Nwi1oQi (こちらはAAAI会員のみ閲覧可.非会員の方ごめんなさい)を発展させたもの.
  • 23:35 「人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題」という題の記事 http://t.co/dflgPJim が掲載されました.「情報管理」誌から執筆依頼をいただいたことを契機に,AIの歩みはどうであったか,これからどう歩むべきかといったことについての私の考えをまとめた結果です.