ターンティキングの分析

話者交代(turn-taking)の現象は,実際に言語運用のシステムがどのように働いて,会話のフロー制御が行われるかを理解するために有用である.Goffman (1955)は,いかなる社会においても話し言葉によるインタラクション(会話)が起きるときには,実践の体系,慣習,手続き的な規則といったものが機能して,メッセージの流れを誘導し,メッセージの流れを組織化している,という見解を示している.Duncan (1972)では,街で人と人がぶつからないようにするのが望ましいのと同様に,同時発話を避けたほうがよいとしている.Duncanはこの直感に基づいてターンテーキングのシステムの分析を行う.しかし,ターンテーキングのシステムは西洋の規範であると限定的に捉えたほうがよさそう.批判の対象は「西洋文化圏」という点と,西洋文化圏に限定しても「規範」(つまり,行動の望ましさ)であり,現実の姿ではない.以下では,次の文献での成果について紹介する.

References

  • [Duncan 1972] Starkey Duncan, JR. Some Signals and Rules for Taking Speaking Turns in Conversations, Journal of Personality and Social Psychology, Vol. 23, No. 2, 283-292, 1972.
  • [Duncan 1974a] Starkey Duncan, Jr. and  George Niederehe.  On Signaling that it’s your Turn to Speak, Journal of Experimental Social Psychology 10, 234-247 (1974)
  • [Duncan 1974b] Starkey Duncan, Jr.  On the Structure of Speaker-Auditor Interaction during Speaking Turns, Lang. Soc. 2, 161-180, 1974.
  • [Goffman 1955] Goffman, E. On face work: An analysis of ritual elements in social interaction. Psychiatry 18, 213-231, 1955.
  • [Kendon 1967] Adam Kendon. Some Functions of Gaze-direction in Social Interaction, Acta Psychologica 26 (1967) 22-63.
  • [Schegloff 1968] Schegloff, E. A. Sequencing in conversational openings. American Anthropologist, 1968, 70, 1075-1095.
  • [Yngve 1970] Yngve, V. On getting a word in edgewise. 6th Chicago Linguistic Society, 567-578, 1970.