基盤化

Content化(materialization)は,経験したことや心に浮かんだことを会話量子としてコーディングする機能であり,インタラクション化(dematerialization)とセットになっている.
Groundingは会話量子を実態に対応付けるしかけである.Groundingは,実態を自分の知覚や概念を用いて見立てる(=何かの概念を当てはめる)ことにより共有化する.写真へのタグ付けはその簡単な例である.HerskovicsのIDF (Image Description Feature)も見立ての一種.
会話量子化器:与えられた状況で会話量子を生成する.いろいろなレベルの会話量子がある.
会話量子プレイヤー:与えられた状況で会話量子を受け取り,そこに記載されている会話を再現する.会話量子が再現される状況と会話量子に描かれている状況が同じ場合,一部重なりがある場合,全く関係がない場合.
 
Annette Herskovits. Language and Spatial Cognition: An Interdisciplinary Study of the Prepositions in English, Cambridge University Press, 1986.