2019年度

論文

  1. Wataru Sato, Takanori Kochiyama, Shota Uono, Reiko Sawada, Sakiko Yoshikawa, Amygdala activity related to perceived social support. Scientific Reports, 10, 2951, 2020.
  2. Wataru Sato, Takanori Kochiyama, Shota Uono, Sakiko Yoshimura, Yasutake Kubota, Reiko Sawada, Morimitsu Sakihama, Motomi Toichi, Atypical amygdala-neocortex interaction during dynamic facial expression processing in autism spectrum disorder. Frontiers in Human Neuroscience, 13, 351, 2019.
  3. Wataru Sato, Takanori Kochiyama, Shota Uono, Reiko Sawada, Yasutake Kubota, Sayaka Yoshimura, Motomi Toichi, Resting-state neural activity and connectivity associated with subjective happiness, Scientific Reports, 9, 12098, 2019.
  4. Wataru Sato, Shota Uono, The atypical social brain network in autism: Advances in structural and functional MRI studies, Current Opinion in Neurology, 32, 617-621, 2019.
  5. Wataru Sato, Takanori Kochiyama, Shota Uono, Reiko Sawada, Yasutake Kubota, Sayaka Yoshimura, S, Motomi Toichi, Widespread and lateralized social brain activity for processing dynamic facial expressions, Human Brain Mapping, 40, pp.3753-3768, 2019.
  6. 佐藤弥, 表情認知の心理・神経メカニズム, 高次脳機能研究, 39, pp.70-78, 2019.
  7. Atsushi Nakazawa, Yu Mitsuzumi, Yuki Watanabe, Ryo Kurazume, Sakiko Yoshikawa, S, Miwako Honda, First-person video analysis for evaluating skill level in the humanitude tender-care technique, Journal of Intelligent & Robotic Systems, pp.1-16, 2019.
  8. Takahisa Yamamoto, Atsushi Nakazawa, General improvement method of specular component separation using high-emphasis filter and similarity function, ITE Transactions on Media Technology and Applications, Vol.7, No.2, pp.92-102, 2019.
  9. Takahisa Yamamoto, Atsushi Nakazawa, Fashion Style Recognition Using Component-Dependent Convolutional Neural Networks, In 2019 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), IEEE, pp.3397-3401, 2019.
  10. 山本卓永, 中澤篤志, 入力画像の要素分割と各要素に対する学習を用いたファッションスタイル分類の性能向上, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.102, No.10, pp.639-650, 2019.
  11. Yuki Watanabe, Atsushi Nakazawa, Yu Mitsuzumi, Toyoaki Nishida, Spatio-temporal eye contact detection combining CNN and LSTM, In 2019 16th International Conference on Machine Vision Applications (MVA), IEEE, pp.1-7, 2019.
  12. Yuki Oshima, Atsushi Nakazawa, Eye Contact Detection from Third Person Video, Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR), pp.667-677, 2019.
  13. Tetsuya Sano, Akishige Yuguchi, Gustavo Alfonso garcia Ricardez, Jun Takamatsu, Atsushi Nakazawa, Tsukasa Ogasawara, Evaluating Imitation of Human Eye Contact and Blinking Behavior Using an Android for Human-like Communication, In 2019 28th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN), IEEE, pp.1-6, 2019.

国際会議抄録

  1. Wataru Sato, Typical and atypical detection of emotional facial expressions, International Society for Research on Emotion (ISRE), 2019.
  2. Jun Takamatsu, Modeling Skills of Gentle Stroke Through Reproduction by a Robot and Subjective Evaluation, 2019 Japan-Korea Joint Workshop on Next Generation Robotics, 2019.
  3. Tomoki Hiramatsu, Development of AR care training system, The 15th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR19), 2019.
  4. Atsushi Nakazawa, Miwako Honda, First-person camera system to evaluate Tender Dementia-care skill, Proceedings of the IEEE International Conference on Computer Vision Workshops, 2019.

国内会議抄録

  1. 佐藤弥, 自閉症の心理・神経メカニズム, 第37回日本ロボット学会, RSJ20191N3-06,東京, 2019.
  2. 佐藤弥, 「無意識の感情」を探る ~脳内メカニズムの解明とセンシング技術の開発~, 京大式Think-up Camp!第1回, 東京, 2019.
  3. 佐藤弥, 表情処理の神経時空間ダイナミクスの探究, 日本基礎心理学会第38回大会, 神戸, 2019.
  4. 倉爪亮, 「触る」の定量化とユマニチュード教育システム, 第37回日本ロボット学会, RSJ20191N3-03,東京, 2019.
  5. 高松淳, 豊島健太, 佐野 哲也, 湯口 彰重, 中澤 篤志, ガルシア リカルデス グスタボ アルフォンソ, 丁 明, 小笠原 司, ロボットによる見る・触れる動作の模倣とそれ を通じた評価, 第37回日本ロボット学会, RSJ20191N3-05,東京, 2019.
  6. 枝本祐典, 中澤篤志, 西田豊明, 敵対的生成ネットワークを用いた角膜表面反射画像からのシーン識別, 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 12, pp1-8, 2019-CVIM-217, 東京, 2019.
  7. 赤塚大地, 中澤篤志, 西田豊明, 深層学習を用いた動画像からのソーシャルタッチ検出, 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 14, pp1-8, 2019-CVIM-217, 東京, 2019.
  8. 渡辺祐貴, 中澤篤志, 幸村琢, MotionGAN: 関節パラメータの敵対的学習による動作スタイル生成, 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 23, pp1-9, 北九州, 2019.
  9. 布井雅人, 吉川左紀子, 中澤篤志, 介護ベッド上での対人認知 ~ 接近者の視線方向と観察者の体勢の影響 ~, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2019, HCG2019 A-1-3, 広島, 2019.
  10. 岩元美由紀, 中澤篤志, 口腔ケアにおける介護者及び被介護者間の視線行動の分析, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2019, HCG2019 A-2-2, 広島, 2019.
  11. Louisa Hardjasa, Atsushi Nakazawa, A Cross-Cultural Examination of Gaze and Eye Behavior during Conversation, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2019, HCG2019 A-2-1, 広島, 2019.
  12. 渡辺祐貴, 中澤篤志, 幸村琢, Generative Adversarial Networks を用いたキーポーズからのキャラクタ動作生成, 研究報告コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 (CG), No.2, pp.1-7, 東京, 2019.
  13. 鈴木乃依瑠, 渡辺祐貴, 中澤篤志, Style Transfer Network を用いた動作データの個性化によるジェスチャ認識の精度向上, 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム (UBI), No.1, pp.1-7, 淡路島, 2019.
  14. 小俣敦士, 石川翔吾, 宗形初枝, 本田美和子, 坂根裕, 桐山伸也, 認知症ケア高度化のための構造化映像を用いた協調的コーチング環境, 第37回日本ロボット学会, RSJ20191N3-04,東京, 2019.
  15. 本田美和子, マルチモーダル・ケア技術の技術評価と臨床 効果, 第37回日本ロボット学会, RSJ20191N3-01,東京, 2019.
  16. 井上翔太 中澤篤志, 岩元美由紀, 加藤寿宏, 吉川左紀子,本田美和子,イヴ・ジネスト, 安藤夏子, ユマニチュードによる自閉スペクトラム障害児と親の行動変容に関する研究, 第17回高齢社会デザイン研究会, 2019-ASD-14(12), 京都, 2019.
  17. 本田美和子, ICUにおけるせん妄と身体抑制への多面的包括ケア方法論, 第1回日本ユマニチュード学会総会, 東京, 2019.
  18. 平松知樹, 井上大路, 河村晃宏, 倉爪亮, 拡張現実と分布型接触センサを組み合わせた認知症ケア教育システムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2019, 一般社団法人 日本機械学会, 1A1-Q03, 広島, 2019.
  19. 小俣敦士, 石川翔吾, 松井佑樹, 原寿夫, 宗形初枝, 中野目あゆみ, 坂根裕, 本田美和子, 桐山伸也, 竹林洋一, 認知症ケア協調学習環境における多重思考モデルに基づく指導知識の表出化, 人工知能学会全国大会論文集 一般社団法人 人工知能学会, 4Rin116-4Rin116, 新潟, 2019.
  20. 小俣敦士, 石川翔吾, 原寿夫 , 宗形初枝 , 中野目あゆみ, 香山壮太, 坂根裕, 本田美和子, 桐山伸也, 竹林洋一, 認知症ケアの協調学習環境におけるコーチング知の可視化と分析, みんなの認知症情報学会第1回ポスター発表交流会, 東京, 2019.

その他の著書

  1. Wataru Sato, Eva G. Krumhuber, Tjeerd Jellema, Justin H. G. Williams, Dynamic emotional communication, Lausanne: Frontiers Media SA, 2020.
  2. 本田美和子, 優しさを伝えるマルチモーダル・ケア技術, 日本精神衛生会, vol177, 50(3), pp.39-43, 2019.
  3. 本田美和子, イヴ・ジネスト, ユマニチュードという革命, 韓国語版DaeKwang? Medical, 2019.
  4. 本田美和子, イヴ・ジネスト, 家族のためのユマニチュード, 韓国語版DaeKwang? Medical, 2019.
  5. 大島寿美子, イヴ・ジネスト, 本田美和子,「絆」を築くケア技術 ユマニチュード:人のケアから関係性のケアへ, 誠文堂新光社, 2019.

招待講演

  1. 本田美和子, ユマニチュードと認知症, 日本学術会議学術フォーラム, 東京, (2020.02.14).
  2. 中澤篤志, 認知症―予防と共生に向けて学術の取り組み, 日本学術会議学術フォーラム, 東京, (2020.02.14).
  3. 中澤篤志, 「優しいケアコミュニケーション」とAI/ロボティックス, 第4回JST-NSF-DATAIA 国際連携シンポジウム, 東京, (2019.12.19).
  4. 中澤篤志, 認知症の人との「コミュ力」を科学する~画像認識/センサによる人のコミュニケーションの理解~, 公開シンポジウム ~人とAIの未来スクール2019~, 東京, (2019.12.15).
  5. 中澤篤志, 「優しい介護」の科学コミュニケーションスキルの定量化で何が得られるか?, 第9回PCIT-Japan & CARE-Japan合同研究会2019, 京都, (2019.11.30).
  6. 本田美和子, 尊厳を回復させるケア「ユマニチュード」, 公益社団法人群馬県看護協会年次総会,群馬, (2019.11.13).
  7. 本田美和子, 優しさを届けるケア技術ユマニチュード, 第33回日本手術看護学会年次大会, 岡山, (2019.10.11).
  8. 本田美和子, 優しさを届けるケア技術ユマニチュード, 一般社団法人日本認知症ケア学2019年北海道ブロック大会, 北海道, (2019.09.29).
  9. Wataru Sato, Sensing emotional responses to food using physiological signals, 第2回COI学会, 東京, (2019.09.19).
  10. 本田美和子, 優しさを届けるケア技術ユマニチュード, 日本キリスト者医科連盟第71回総会, 愛知, (2019.09.04).
  11. 中澤篤志, 優しい介護「ユマニチュード」とロボティックス, 第37回日本ロボット学会学術講演会, 東京, (2019.09.03).
  12. 本田美和子, 優しさを届けるケア技術ユマニチュード, 第21回日本医療マネジメント学会学術総会, 愛知, (2019.07.20).
  13. Wataru Sato, The neural substrate of subjective happiness 6th World Congress on Positive Psychology, Melbourne, Australia, (2019.07.20).
  14. Miwako Honda, Multimodal Comprehensive caremethodology Humanitude, International dementia care workshop, Incheon, Korea, (2019.06.17).
  15. 中澤篤志, Computational Tender-care Science -- When 'Humanitude' and technology cross --, ATET : Advanced Technologies for Education and Therapy, 東京, (2019.05.24).
  16. 本田美和子, かけがえのない記憶の再興戦略, 公益社団法人全日本鍼灸学会第68会学術大会, 愛知, (2019.05.12).

受賞

  1. 渡辺祐貴, 中澤篤志, 幸村琢, 優秀研究発表賞, 情報処理学会コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会 (CGVI), 北九州, (2019.11.08).
  2. 渡辺祐貴, 中澤篤志, 幸村琢, 研究奨励賞, 情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア (CVIM), 北九州, (2019.11.08).
  3. 枝本 祐典, 中澤 篤志, 西田 豊明, CVIM卒論セッション優秀賞, 情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 東京, (2019.05.30).
  4. 三鼓悠, 入江豪, 中澤篤志, 木村昭悟, 研究奨励賞, 電子情報通信学会PRMU, 東京, (2019.03.17).

報道

  1. KBS京都ラジオ, 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ, (2020.02.25)
  2. 読売新聞 医療ルネサンス, ユマニチュード・患者も周りも笑顔に 連載6回, (2020.01.31).
  3. RKB毎日放送, エンタテ!区〜テレビが知らないe世界〜, (2019.11.27).
  4. 文藝春秋, 阿川佐和子のこの人に会いたい特別版 ユマニチュードとは, (2019.11.07).
  5. 山形放送ラジオlife is…, ユマニチュードって何?, (2019.11.02)
  6. シルバー新報, 「ユマニチュード×ロボティクス!」, (2019.09.13).
  7. NHKクローズアップ現代+, 身近な病院でも!なぜ減らない「身体拘束」, (2019.09.11).
  8. 週刊文春ムック, 阿川佐和子のこの人に会いたい特別版 ユマニチュードとは, (2019.08.14).
  9. 京都大学HP, 研究成果, (2019.07.11).
  10. FNNPRIME, FEATURE「人生100年時代」を考える, (2019.07.01).
  11. 週刊医学界新聞, 座談会:ユマニチュードのこれから, (2019.05.27).
  12. 主婦と生活社, NHKガッテン!健康プレミアム , vol16, pp.50-51, (2019.05.31).
  13. 東京新聞くらし面, 家族のためのユマニチュード連載 , 2019年4月より9月, (2019.04.13).

ワークショップ

  1. 第37回日本ロボット学会学術講演会オーガナイズドセッション・優しい介護「ユマニチュード」とロボティックス, 早稲田大学, 東京, (2019.09.04).

2018年度

論文

  1. Takahisa Yamamoto, Atsushi Nakazawa, General Improvement Method of Specular Component Separation Using High-Emphasis Filter and Similarity Function, ITE Transactions on Media Technology and Applications, Volume7,Issue2,pp.92-102, 2019.
  2. Kazunari Kitazumi,Atsushi Nakazawa,Robust Pupil Segmentation and Center Detection from Visible Light Images Using Convolutional Neural Network, 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC), IEEE, pp.862-868,2018.
  3. Yu Mitsuzumi,Atsushi Nakazawa, Eye contact detection algorithms using deep learning and generative adversarial networks, 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC). IEEE, pp.3927-3931, 2018.
  4. Taishi Ogawa, Atsushi Nakazawa, Toyoaki Nishida, Point of gaze estimation using corneal surface reflection and omnidirectional camera image, IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E101-D, No.5, pp.1278-1287, 2018.
  5. Atsushi Nakazawa, Ryo Kurazume, Miwako Honda, Sato Wataru, Shogo Ishikawa, Sakiko Yoshikawa, Mio Ito, Computational Tender-Care Science: Computational and Cognitive Neuroscientific Approaches for Understanding the Tender Care, Workshop on Elderly Care Robotics - Technology and Ethics (WELCARO) in ICRA2018, 2018.
  6. Atsushi Nakazawa, Ryo Krazume, Miwako Honda, Wataru Sato Shogo Ishikawa, Sakiko Yoshikawa, Mio Ito, Computational Tender-Care Science: Computational and Cognitive Neuroscientific Approaches for Understanding the Tender Care, IUI Workshop on Symbiotic Interaction and Harmonius Collaboration for Wisdom Computing, Vol.1, pp.1-9, 2018.
  7. Kenta Toyoshima, Ming Ding, Jun Takamatsu, Tsukasa Ogasawara, What is Required for a Robot to Gently Stroke a Human using its Hand, Workshop on Elderly Care Robotics Technology and Ethics (WELCARO) in ICRA2018, 2018.
  8. Miyuki Iwamoto, Noriaki Kuwahara, Investigation of Quantification of Suitable Photo for Conversation Support with Elderly People by Emotion of Youth, Computers Helping People with Special Needs, (ICCHP) , pp. 434-437, 2018.
  9. 土肥眞奈, 本田美和子, 林夏希,春名明美,伊藤美緒,佐々木晶世,叶谷由佳,認知症高齢者を在宅介護する家族にユマニチュード®の基本技術を伝えたあとの家族の受け止め,日本健康医学会雑誌,Vol.27, No.2, pp.159-165, 2018.
  10. Wataru Sato, Sylwia Hyniewska, Kazusa Minemoto, Sakiko Yoshikawa, Facial expressions of basic emotions in Japanese laypeople, Frontiers in Psychology, Vol.10, No.259, 2019.

国際会議抄録

  1. Miwako Honda, Yves Gineste, Development of the highly reproducible standardized evaluation system for dementia care by thinking model of artificial intelligence, European Union Geriatric Medicine Society, Berlin, 2018.
  2. Kazuto Nakashima, Yumi Iwashita, Akihiro Kawamura, Ryo Kurazume, Fourth-person Captioning: Describing Daily Events by Uni-supervised and Tri-regularized Training, The 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2018), pp. 2122-2127, Miyazaki, 2018.
  3. Miwako Honda, Effect of multimodal comprehensive care methodology training on both delirium and physical restraints in intensive care unit, American Delirium Society, San Francisco, 2018.
  4. Miwako Honda, Yves Gineste, Video-based care performance data analysis of professional caregivers with manual and artificial intelligence, Gerontological Society of America, Boston, 2018.
  5. Miwako Honda, Yves Gineste, Concise multimodal communication training for family caregivers reduced their burden and BPSD of care receivers, Gerontological Society of America, Boston, 2018.
  6. Kazuto Nakashima, Describing Daily Events in Intelligent Space via Fourth-person Perspective Images, The 14th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR18), Fukuoka, 2018.

国内会議抄録

  1. 北角一哲, 中澤篤志, 西田豊明, 深層学習を用いた可視光画像からの瞳孔検出と注視点推定への応用, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.392, pp.93-99, 大阪2018.
  2. 江川佳輝, 小川太士, 中澤篤志, 深層学習を用いた自己撮影画像の撮影位置検索, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.117, No.392, pp.333-337, 大阪, 2018.
  3. 三鼓悠, 中澤篤志, 西田豊明, 半教師あり学習によるアイコンタクト検出, 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), Vol.2018-CVIM-210, No.57, pp.1-7, 大阪, 2018.
  4. 岩元美由紀, 中澤篤志, コミュニケーションにおいて「見つめる」ことの重要性の検証, ヒューマンインターフェースシンポジウム, 筑波, 2018.
  5. 岩元美由紀, 中澤篤志, 世代間コミュニケーションにおいて「見つめる」ことの重要性の検証, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2018, HCG2018 A-3-3, 三重, 2018.
  6. 平岡達也, 岩元美由紀, 中澤篤志, 桑原教彰, ウェアラブルなメガネ型一人称視点カメラデバイスの開発とその評価, 第164回ヒューマンインターフェース学会研究会 「高齢者、障がい者支援技術および一般(SIG-ACI-23)」, 京都, 2018.
  7. 松井佑樹,小俣敦士,石川翔吾,原寿夫,宗形初枝,中野目あゆみ,香山壮太,坂根裕,本田美和子,桐山伸也,竹林洋一,多重思考モデルを用いた認知症ケアコーチング知の表出化に基づく協調学習環境の構築, 第14回高齢社会デザイン研究会, 2018-ASD-14(6), 東京, 2018.
  8. 石川翔吾,松井佑樹,小俣敦士,香山壮太,中野目あゆみ,宗形初枝,坂根裕,本田美和子, 認知症ケア高度化に向けた多重思考モデルを用いた協調的コーチング支援環境の構築, HCGシンポジウム2018, HCG2018 A-3-5, 三重, 2018.
  9. 平松知樹, 井上大路, 倉爪亮, 認知症患者ケアのためのウェアラブル触覚センサの開発, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2018, HCG2018 A-3-6, 三重, 2018.
  10. 中嶋一斗, 岩下友美, 倉爪亮, 第四人称視点に基づく情報構造化空間の状況説明文生成, 第36回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2018AC2C1-03, 東京, 2018.
  11. 佐野哲也, 湯口彰重, 中澤篤志, Gustavo Alfonso Garcia Ricardez, 高松淳, 小笠原司, 人の視線計測に基づく会話時の視線提示が可能なアンドロイドシステム, 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018), 1C5-09, 大阪, 2018.
  12. 松井佑樹,小俣敦士,石川翔吾,原寿夫,宗形初枝,中野目あゆみ,香山壮太,島野光正,桐山伸也,竹林洋一, 認知症ケアコーチング支援のためのMinskyの感情思考モデルに基づくケア知の表現, みんなの認知症情報学会第1回年次大会, No.8 静岡, 2018.
  13. 小俣敦士,松井佑樹,石川翔吾,桐山伸也,宗形初枝,中野目あゆみ,香山壮太,島野光正,原寿夫,坂根裕,本田美和子,竹林洋一, 認知症ケアにおける自己表現モデルに基づく協調学習環境デザイン, みんなの認知症情報学会第1回年次大会, No.6, 静岡, 2018.
  14. 石川翔吾,佐々木勇輝,桐山伸也,本田美和子,Yves Gineste,竹林洋一, 感情思考モデルに基づくマルチモーダル認知症ケア知の共創, 3Pin1-47, 第32回人工知能学会全国大会, 鹿児島, 2018.
  15. 小俣敦士,石川翔吾,宗形初枝,中野目あゆみ,伊東美緒,坂根裕,本田美和子,原寿夫,桐山伸也,竹林洋一, 個性に基づくケアのための認知症ケア協調学習環境の構築と実践, 第32回人工知能学会全国大会, 3Pin1-46, 鹿児島, 2018.

その他の著書

  1. 本田美和子, 認知症の人へのさまざまなアプローチ-1.ユマニチュード, 最新介護福祉士養成講座13・認知症の理解,第4章第5節,介護福祉士養成講座編集委員会, pp.217~220, 2019.
  2. 本田美和子, わが国におけるユマニチュード導入の成果と今後の展望「自由・平等・博愛・優しさ」を分かち合う組織の実現に向けて, 看護管理, 第29巻第2号, 医学書院, pp.10~16, 2019.
  3. 本田美和子, 伊東美緒, ユマニチュードと看護, 書籍 医学書院, 2019.
  4. 認知症の人へのさまざまなアプローチ-1.ユマニチュード, 最新介護福祉士養成講座13・認知症の理解, 第4章第5節, 介護福祉士養成講座編集委員会, pp.217~220, 2019
  5. 嶺本和沙・佐藤弥, 日本人の基本6感情の表情は「エクマン理論」に従うか?-人工知能を用いて検証, academist Journal, 2019.
  6. 石川翔吾,竹林洋一, スーツケースワード,ゴール,感情,多重思考モデル─認知症情報学によるInterior Grounding ─,人工知能学会誌,Vol.33, No.3, pp.307-315, 2018.
  7. イヴ・ジネスト,ロゼット・マレスコッティ,本田美和子, ユマニチュードを語る 市民公開講座でたどる〈それぞれのユマニチュード〉の歩み,日本評論社, 2018.
  8. 本田美和子 生涯教育シリーズ95「認知症トータルケア」Ⅷ.治療とケア-認知症ケア・ユマニチュード, 日本医師会雑誌, 第147巻, 特別号(2), 日本医師会, pp.264~265, 2018.
  9. 本田美和子 ユマニチュード-優しさを伝え、医療の現場を変えるケア技法, 患者安全推進ジャーナル別冊・高齢患者のリスクマネジメント, 公益社団法人日本医療機能評価機構, pp.39, 2018.
  10. 本田美和子, イヴ・ジネスト, 家族のためのユマニチュード, 書籍 誠文堂新光社, 2018.

招待講演

  1. 中澤篤志,倉爪亮, 認知症対応を科学する, 自由民主党 データヘルス推進特命委員会 科学的介護等WG, 東京, (2019.03.26).
  2. 本田美和子 Yves Gineste, ユマニチュードによる認知症ケア, 京都大学産学官コンソーシアムイノベーション会議, 京都市, (2019.03.20).
  3. 中澤篤志, 人工知能によって「人を見る」, 学習院大学計算機センター 第30回特別研究会, 東京, (2018.12.22).
  4. 佐藤弥, 表情認知の心理・神経メカニズム, 第42回日本高次脳機能障害学会学術総会, 神戸, (2018.12.07).
  5. 本田美和子, ユマニチュードの哲学と実践, 京都大学こころの未来研究センター こころ塾, 京都市, (2018.12.01).
  6. 本田美和子, 特別講演・認知症におけるユマニチュード, 平成30年度日本統合医療学会京滋支部・阪南支部・阪南支部ヨーガ部会合同総会, 大阪市, (2018.11.03).
  7. 本田美和子, 「優しさを伝えるケア技術・ユマニチュード」~人のもつ力を最大限に引き出すための関係性の哲学と基本技術, 第20回日本骨粗鬆学会, 長崎市, (2018.10.27).
  8. 中澤篤志,人の目の観察により導き出されるもの ~ 注視・環境情報・介護スキルの推定 ~ 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会(HIP),日本光学会視覚研究グループ 京都, (2018.10.22).
  9. 中澤篤志, 「優しい介護」インタラクションの計算的・脳科学的解明 ~パターン認識は介護に何ができるのか?~, 第17回情報科学技術フォーラム, 福岡, (2018.09.20).
  10. 岩元美由紀, 人にやさしい介護方法の定量化, 日韓共同シンポジウム, 大邱, 大韓民国, (2018.09.16).
  11. Wataru Sato, Measuring emotional valence using facial EMG, Sao Paulo School of Advanced Science on Social and Affective Neuroscience, Sao Paulo, Brazil, (2018.08.30).
  12. Wataru Sato, The psychological and neural mechanisms of rapid emotional responses, Sao Paulo School of Advanced Science on Social and Affective Neuroscience, Sao Paulo, Brazil, (2018.08.29).
  13. Wataru Sato, The psychological and neural mechanisms of atypical social functioning in autism spectrum disorder, Sao Paulo School of Advanced Science on Social and Affective Neuroscience, Sao Paulo, Brazil, (2018.08.27).
  14. 中澤篤志, 優しい介護インタラクションの計算的・脳科学的解明, 情報処理学会 研究報告高齢社会デザイン(ASD) 研究会, 函館, (2018.08.24).
  15. Miwako Honda, Concise multimodal communication training for family caregivers reduced their care burden and behavioral psychological symptoms of dementia (BPSD) of care receivers, Asian Family Summit, Hong Kong, (2018.08.19).
  16. 本田美和子, 家族のためのユマニチュード🄬介護技術, 平成30年度網走市民大学講座, 網走市, (2018.06.22).
  17. 本田美和子, 教育講演「多職種で実践するユマニチュード」, 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 三重県, (2018.06.16).
  18. 本田美和子, ユマニチュードから考える「認知症に優しいまち」, NHK ハートフォーラム, 福岡市, (2018.06.02).

受賞

  1. 石川 翔吾,松井 佑樹,小俣 敦士,香山 壮太,中野目 あゆみ,宗形 初枝,坂根 裕,本田 美和子, HCGシンポジウム2018特集テーマセッション賞, HCGシンポジウム2018, 三重, (2018.12.13).
  2. Kazuto Nakashima, Best Poster Session Award, The 14th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR18), Fukuoka, (2018.10.17).
  3. Atsushi Nakazawa, Advanced Robotics, Best Paper Award, Robotics Society Japan, Aichi, (2018.06.23).

報道

  1. NHK ハートネット Web 記事(https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/184/), AIで介護の世界を支援する, (2019.02.22).
  2. NHK クローズアップ現代, 認知症時代に希望 “科学的介護”最前線, (2019.01.10).

ワークショップ

  1. ユマニチュード講習会, 京丹後市セントラレ, 京都, (2019.03.03).
  2. ユマニチュード研修, 京都大学病院研修室, 京都, (2018.07.14).
  3. ICRA2018 Workshop on Elderly Care Robotics – Technology and Ethics (WELCARO), Australia, (2018.05.22).

2017年度

論文

国際会議抄録

  1. Akishige Yuguchi, Gaze Calibration for Human-Android Eye Contact Using a Single Camera, IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2017), Macau SAR, China, 2018.
  2. Atsushi Nakazawa, Computational Tender-Care Science: Computational and Cognitive, Neuroscientific Approaches for Understanding the Tender Care, IUI 2018 Workshop on, Symbiotic Interaction and Harmonious Collaboration for Wisdom Computing, NII, Tokyo, 2018.

国内会議抄録

  1. Wataru Sato, The psychological and neural mechanisms of impaired unconscious joint attention in autism, What is Unique and What is Typical of Human Mind?, Kyoto University, Kyoto, 2018.
  2. 石川翔吾, マルチモーダルケア技法による自閉症児への介入効果検証に向けた基礎的検討, 第14回こども学会議, 岡山県環太平洋大学, 岡山, 2017.

その他の著書

  1. 中澤篤志,ユマニチュードを行動から,脳から知りたい,医学界新聞,3254号,pp.13,2018.
  2. Atsushi Nakazawa, Takaaki Shiratori, Motion Capture, The Wiley Handbook of Human Computer Interaction (Kent L. Norman and Jurek Kirakowski (ed.)), pp.405-420, 2018.
  3. Christian Nitschke, Atsushi Nakazawa, Corneal Imaging, The Wiley Handbook of Human Computer Interaction (Kent L. Norman and Jurek Kirakowski (ed.)), pp.445-452, 2018.

招待講演

  1. 本田美和子, 優しさを伝え技術, 第36回沖縄県人工透析研究会, 那覇 沖縄コンベンションセンター, 沖縄, (2018.03.11).
  2. 本田美和子, 優しさを伝えるケア技術~専門職にも、家族にも~, 日本在宅医学会 第3回地域フォーラムin三重, 津 三重県総合文化センター, 三重, (2018.02.03).
  3. 中澤篤志, 人の視覚情報の可視化と優しい介護技術学習への展開, 破壊的イノベーションがもたらすデジタル社会研究会, パナソニック Wonder LAB Osaka, 大阪, (2018.01.22).
  4. 本田美和子, 優しさを伝えるケア技術とその客観的評価, 日本医療マネジメント学会 第16回九州・山口連合大会, 別府 国際コンベンションセンター, 大分, (2017.12.02).
  5. Miwako Honda, Intelligence artificielle et soins, developpement d’un outil elearning, 10e colloque Approches Non-medeicamenteuses, Cite de science, Paris, (2017.11.10).
  6. 中澤篤志, The environmental light and your eye -- retrieving your vision using computer vision --, CiNet? Talk Series, CiNet? 脳情報通信融合研究センター, 大阪, (2017.10.13).

報道

  1. 宮古新報, ユマニチュード 人間の尊厳を保つケア, (2018.03.08).
  2. 日本経済新聞, 認知症の行動 思いを探る 介護現場のコミュニケーション技法, (2018.02.07).
  3. 読売新聞, 認知症ケア 技法「ユマニチュード」福岡市が導入、普及へ, (2018.02.03).
  4. NHK総合 「視点・論点」, ユマニチュードが介護を変える, (2018.01.17).
  5. 日経ビックデータ, 介護×教育×AIで世界No1目指す, (2018.01.11).
  6. 日刊工業新聞, 京大とエクサウィザーズ、有効な介護技術を解明, (2018.01.11).
  7. RKB毎日放送 ニュース, 変わる認知症ケア ユマニチュード, (2017.12.07).

その他の成果

  1. 北角一哲, 中澤篤志, 西田豊明, 深層学習を用いた可視光画像からの瞳孔検出と注視点推定への応用, (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎) 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report :信学技報 0913-5685 電子情報通信学会, Vol.117, No.392, pp.93-99 https://ci.nii.ac.jp/naid/40021465187/, (2018.01.18).
  2. 三鼓悠, 中澤篤志, 西田豊明, 半教師あり学習によるアイコンタクト検出, (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎) 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報0913-5685 電子情報通信学会, Vol.117, No.392, pp.339-345, https://ci.nii.ac.jp/naid/40021465692, (2018.01.18).
  3. 江川佳輝, 小川太士, 中澤篤志, 深層学習を用いた自己撮影画像の撮影位置検索, (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎) 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 0913-5685 電子情報通信学会, Vol.117, No.392, pp.333-337, https://ci.nii.ac.jp/naid/400, (2018.01.18).
  4. 三鼓悠, 中澤篤志, 西田豊明, 半教師あり学習によるアイコンタクト検出, (パターン認識・メディア理解) 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 0913-5685 電子情報通信学会, 117 391 339-345 https://ci.nii.ac.jp/naid/40021464368/ , (2018.01.18).
  5. 中澤篤志, 山崎俊彦, 松下康之, 安倍満, 舩冨卓哉, 木村昭悟, 内田誠一, 前田栄作, PRMU応用研究におけるオープンアイデア : PRMU第二期グランドチャレンジ, (パターン認識・メディア理解) 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 0913-5685 電子情報通信学会, Vol.117, No.362 pp.41-43, https://ci.nii.ac.jp/naid/40021432486/, (2017.12.17).

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-03 (金) 16:49:04 (131d)